『プロジェクトステージで何を感じ、

       何を得ることができたか』

 

 

 

 

 

 

社会事業家として更にフォーカスした、レベルの高い皆様の最終プレゼンを拝見して感動が続いており、あれから何度もリフレインしています。

私には不得手なことばかりでしたが、結果がどうであれ等身大の自分でやり切り、今日までの自分の足跡としました。

 

プロジェクトステージでは、サバイバルゲームの様に自発力を試され、そして能動的に感じ取る力が強化された、と感じています。

ゼミスタイルの狙いや、随所に散りばめられた,

風見先生の計算し尽くされた『 手を引かない導き 』に敬服しました。

 

自己管理の新基準《 Sounds Scan 》によって、波動志向の社会的価値を広め

"サスティナブルラッキーガイア"を実現する

『 一般社団法人サウンズスキャニングセラピー協会 』代表理事。

CSVが腹に落ちているのを実感しています。

 

「 私は社会事業家としてこの事業をやらせていただいています 」と逡巡無く言えている現在の自分に、覚悟が増したと気付かされました。

 

一番大きな成長は、良いことは励みとし、悪いことは反面教師、見識眼の向上と喜べ、何があっても未来に活かせる「最高」のことだと思える様になったことです。

 

これ以上は出来なかったところまでやり遂げ、

自ら着地出来た爽快感は生涯の自信となると思います。

おかげさまで何とかスタートラインが見えて来ました。

 

風見先生、皆様ありがとうございました。

そしてそれぞれの成長に乾杯。

 

 

                    自己管理の新基準《 Sounds Scan 》によって、

                        波動志向の社会的価値を広め

                     " サスティナブルラッキーガイア " を実現する

                      

                              一般社団法人サウンズスキャニングセラピー協会                                                                                              代表理事  馬場柚香里

photo by 馬場柚香里 ( ガイア都市創造塾第一期生 )

copyright © 2018 Gaia Press  All Right Reserved.